【Vol13】Marketing Media Lab

ビジネスやマーケティングに役立つ記事やノウハウをお届けするニュースレター「Marketing Media Lab」第13号です。
エルモ@広告屋
2021.06.03
読者限定

みなさん、こんばんは。

「週末にお届け」といいながら、その週の気分で好きな曜日に配信する半不定期ニュースレターとなっております。

2週間まとめて配信するとボリュームが一気に増えるので、平日なか日に一旦お送りさせていただきます。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━
Marketing Media Lab 
Vol.13
( 2021年6月3日発行 )
━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1. Weekly Marketing News

Weekly Marketing Newsでは、今週1週間の注目ニュースや記事を取り上げます。このコーナーでは、直接的なマーケティング記事だけではなく、いずれあなたのマーケティング活動に役立つ情報・視点を(独断と偏見を交え)お届けます。俯瞰的なモノの見方を身につけ、長期で役立つマーケティングOSを身に着けていただければと思います。
-----------------------------------

Stripeで決済リンクを秒で作れる機能が登場!

stripe.com

Stripeが、ものの数分で決済リンクを作れてしまうサービスをローンチしました。

自社商品や情報コンテンツを販売する際に、ボトルネックとなっていたのが「ECサイト構築やプラットフォームを利用するうえでの決済手数料」です。

今回、このStripeの新サービスがローンチされたことで、より手軽に超低コストで、モノ・コトを販売できるようになりました。

このStripeの新サービスのローンチ、一億総個人EC時代を象徴した事例だと思います。実際にこのサービスの恩恵を受けるのは個人または零細企業くらいで、大手企業からするとなかなか使い道に困るものではないでしょうか?

・個人が商品を持つ
 →プロダクト開発
・その商品を自分で販売する
 →プロモーション

この2つの流れ(決済はこの中間に当たります)が加速し始める契機になりそうです。

※注意:ちなみに、決済リンクはすぐに作れても、「利用規約、プライバシーポリシー、特定商取引法に基づく表記」は別で提示が必要です。(このあたりが、個人EC時代の真のボトルネックになるんでしょうね笑)

D2Cの種類は、「レベル分け」で考えよう!

note.com

一言でD2C(ダイレクトtoコンシュマー)ブランドと言っても、本当にいろんなビジネスモデルの形があります。

インフルエンサーが自分で商品を作ってフォロワーに販売するケースもあれば、Nikeが自社ECでプロダクトを販売するケースもあり、このどちらもがD2Cと言えます。

そんな様々な形があるD2Cを、河野さん(@TakaKouno)さんが5段階でレベル分けしてくれました。メチャ分かりやすいです。

「SNSマーケティング!」とTwitterやInstagramで見かけるD2Cのビジネスモデルは、レベル2であることが多く、NikeのようなD2Cモデルはレベル5ですね。

ここからは個人的な見解です。

ビジネスをスケールさせようとすると、基本的にレベル2→レベル5にステップアップすることになるかと思います。

ただし、これからの時代は、「商売をすぐに畳めること」「新しいチャレンジを始められること(既存ビジネスとの矛盾で、チャレンジできないことは多いですよね。)も大きな価値になるはず。あえてレベル2~3のD2C規模でビジネスをやるのも大アリだと思います。

(ちなみに私の本業ではレベル3~5あたりのお客様とお仕事をさせていただくことが多いのですが、利害関係者が多い分、意思決定が進まないことはよくあり、その点でもレベル2~3のD2Cブランドの価値は今後高まってくると感じています。)

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする